ボディコンを着てしゃがんでいる女性

CAセクキャバ嬢

大阪だとやはり梅田がセクキャバの店舗数が多いですが、その中でもなぜCAセクキャバに惹かれるのか考えてみました。あくまでも僕個人が思うことなので、かなり主観にはなりますが、お店選びの参考にはなるのではないかと思っています。セクキャバ選びをする上でもちろん予算や立地は重要ですが、多くのセクキャバは駅から徒歩5分以内(遠くても10分程)で、クーポンを使えば1セットの基本料金は4000円から5000円程になります。プラスで税金やサービス料がかかったり、女の子のドリンクをオーダーした場合追加料金が発生したりするので、平均予算としては8000円前後~ぐらいになるかなと思います。

僕が思うCAセクキャバ嬢の魅力

オフィカジスタイルの女の人

スタイルの良い女の子が多い

和服セクキャバは体型を隠すことができる衣装なので、ぽっちゃり系のセクキャバ嬢が多い印象です。(中にはモデル体型でスタイル抜群な子もいます)それに比べると、Yシャツ×スカートやドレス衣装のお店は、服装がボディラインをはっきりと見せるタイプということもあってか、わりとモデル体型だったり、すらっとしていたりと、いわゆる癒し系の女の子は少ない印象です。

エロく見える

CA衣装はミニスカなので、セクキャバ衣装の中でもわりとエロく見える気がします。太ももが見えていたり、膝上に乗ってくれたときにスカートが捲れてランジェリーが見えたり、あとはYシャツの間から思いっきりオッパイが見えたり…といった感じです。しかもセクキャバによっては女の子はノーブラなので、Yシャツから透けて乳首が見えたり、上からのぞいたら思いっきり、おっぱいが見えちゃったりと、触る前から楽しむことができます。

高嶺の花子さん

やっぱりキャビンアテンダントという職業を想像するからなのか、CA衣装を身につけたセクキャバ嬢とイチャイチャ過ごすのはちょっとした優越感があります。可愛いCAの彼女ができた気分を味わうことができたり、普段付き合えないようなセクシーな女の子とイチャつきながらおっぱいを堪能で来たり…。手が届きそうで届かない、そんな女性に憧れを抱いたことがある人はきっと多いですよね。